コンタクトレンズの普及

コンタクトレンズの普及

今では若者を中心として、コンタクトレンズの普及が広まっています。

コンタクトレンズが世の中に出回り始めた当初は、眼科で処方箋を受ける際に、お医者様もあまりオススメしませんという雰囲気を隠さず、注意事項やリスクの説明を長々と受ける間に、怖くなってメガネに落ち着いてしまったという人も多いのではないでしょうか。

私がまさに、処方箋をもらいに眼科へ行った際、目に傷が付くことや目の裏側へ入り込んでしまうなどという説明に、「今回はメガネにしときます」とコンタクトレンズデビューを諦めました。

もちろん今でも処方箋を作ってもらう際には、お医者様からきちんと説明を受けると思いますが、当時にくらべてコンタクトレンズ自体の性能?も格段によくなり、安全面の改善も繰り返し行われていることでしょう。

また値段も徐々にお買い求めやすくなっており、種類も豊富に変化してきました。

必ず処方箋をもらって、自分にはどのタイプの種類が適しているのかなど、お医者様に相談してみるといいかもしれませんね。

もちろん予算や生活リズムなどを踏まえてアドバイスをもらえることでしょう。

コンタクトレンズの知っておきたいリスク

コンタクトレンズを使用する若者に、「かならず処方箋を受ける」ようにお願いしたいです。

若者に限らず、現在コンタクトレンズを使用している人全員にいえることではありますが、比較的若い人たちに、処方箋が必要ないとうたって販売されているカラコンなどが出回っているからです。

現代のファッションアイテムの一つとして、すでにポピュラーなマストアイテムとなってきているカラコンですが、コンタクトレンズとしての本来の使用方法である度が入っていな為、安価に市販されていたりするのをよく目にします。

しかし、コンタクトレンズというのは眼球に直接つけるものなので、とっても扱いに注意が必要な製品です。

眼球に傷がつくので睡眠時はもちろん、長時間付けっぱなしはNGであるとか、着用時に目をこする、洗浄が十分でないなど、NG行為がたくさんあります。

これらは処方箋を受けたものの注意点に他なりません。

コンタクトレンズの処方箋について

市販の安価なものはもっと製品として劣るものが多いので、ドライアイや結膜炎など、目の病気になってしまうことが多く見られます。

きちんと眼科で診断をうけ、処方箋をもらって購入することをオススメします。